12年使ったSoftbankから楽天モバイルにのりかえた感想とか。









もう、Softbankや~めたっ!

ガラケー時代から約12年使っていたSoftbank。

品質には何の不満もありませんが、長年使ってきて思うのはお得感がゼロということ。

ガラケー時代と比較してもしょうがないんだけど、料金は高くなっているのに速度制限や足りないギガの追加購入など、昔のほうが良かったな~と思うことが増えてきました。

このまま使い続けても長期利用者にはなんのメリットもなさそうなので、ちょうど2年縛りの解約月だったこともあり、格安スマホにのりかえを決めました!




私が楽天モバイルを選んだ理由。

楽天モバイルのメリットでも書いていますが、数ある格安スマホの中から楽天モバイルを選んだ理由は料金の安さ、端末代金の安さです。

キャリアスマホだと、いくらプランの見直しをしても限界がありますよね。しかも、私のようにネットもそれほど使わないし電話もほとんど使わない人向けのプランがない。家にネット環境があって、1日の多くを家で過ごす私には月に約1万円かかるスマホ料金が本当に無駄でもったいない!と思い、2,000円前後で利用できる格安スマホを検討しました。

Softbankからののりかえなので、事務手数料がかからないLINEモバイルやワイモバイルも検討しましたが、端末も買い替えも必要だったので、端末本体を安く買える楽天モバイル
にしました。


MNPのりかえ手続きの方法。

電話番号を変えると銀行や学校などへの連絡がめんどうなので、今回は番号はそのまま、MNPでのりかえしました。

Softbankから楽天モバイルへのMNPの手順はとってもかんたんです。

①SoftbankでMNP予約番号を取得する。

ショップやmySoftbankでの手続きも可能ですが、電話だと好きな時間帯に手続きできるのでおすすめです。

・*5533(Softbank電話から)

・0800-100-5533(一般電話から)

MNP転出したい旨を伝えると、オペレーターが対応してくれます。

このとき、『のりかえ先』を聞かれたり、『LINEモバイルへののりかえ』を勧められますが、楽天モバイルにのりかえることを伝えて予約番号を取得しましょう。


②楽天モバイルで申し込みする。


MNP予約番号を取得したら、楽天モバイルに申し込みます。

MNP予約番号には有効期限があり、WEBでの申し込みは10日以上有効期限が残っていないとできませんので早めに手続きしましょう。

ご利用の流れ
は、こちらから。↓↓↓



申込みをクリックしたら、あとは手順に沿って入力するだけです。SIMやプランを選択して、本人確認書類を送信したら申し込み完了です。

申し込みから数日でSIMが届きますので、受け取ったら楽天モバイル開通受付センターへ電話してMNP完了です。

3か月使ってみて思う、楽天モバイルのメリット・デメリット。

*あくまでも私の個人的な感想ですのでご了承ください。


デメリットに感じるところ。

・つながりにくさに多少イラつく。

これは、のりかえ前に調べていたのでわかっていましたが、やはりSoftbankと比較するとつながりにくい部分があります。

地下鉄で使えないという口コミも見かけましたが、私の場合はカラオケ店にいたときにつながらなくなったことがありました。

会員登録時の空メールやLINEのやり取りにも多少時間がかかります。Softbankを使っていたときには空メールの返信も瞬時に届いていたので、不便ということはありませんが慣れるまで違和感がありました。

・料金の確認ができない。

アプリで料金確認ができるとなっていますが、詳細は確認できません。結局、メンバーズステーションで確認することになるのですが、明細に反映されるより先に料金が引き落としされます。

銀行口座やクレジットカードでの支払いの場合はわかりませんが、デビットカードでの支払いの場合は、料金が確定したと同時に引き落としされます。また、料金の確定日(引き落とし日)も毎月4日~10日頃と曖昧で決まっていません。

料金確認ができない状態なのに、引き落としできるように用意しておいてね~という雑な感じが残念なところです。

メリットだと思うところ。

・料金が安い。

スーパーホーダイプランSなら2GBで1,480円(税抜き)と他社と比較してもかなり安いです。

通話料金も楽天でんわアプリを使っての通話なら10分以内無料となっているので余程の長電話でない限り、通話料は無料です。

私のように家ではWi-Fi、電話は受けるのみでかけるときは主にLINEを使っているというような場合は一番安いスーパーホーダイプランSで充分です。スマホ交換保証に加入しても月額500円なので毎月2,000円前後で収まります。

Softbankを使っていたときは、端末料金を払い終わっていても、SoftbankAIRを使って割引を利用しても毎月8,000円~10,000円はかかっていたので、通信費をかなり節約できています。

また、楽天モバイルはキャンペーンをうまく活用すると端末本体も安く手に入れることができます。あくまで最新機種にこだわらなければの話ですが、1万~3万前後で販売されているので一括購入できるのが魅力かと思います。

楽天モバイルを検討中の方は是非、キャンペーンをチェックしてみてください。

・余計なオプションがない。

以前、話題になりました過剰オプション問題。


契約時にたくさんオプションを付けて、『使わなかったら外してくださいね~。』と言われるんですが、本当に面倒くさい!高齢者でなくても解除を忘れることありますよね。

楽天モバイルは契約時に付けなければいけないオプションは特にありませんでした。(ネットでの申し込み。店舗でも同じかはわかりません。)

手続きのなかで感心したのは、楽天ブックスのお試しがあったのですが、お試し期間が過ぎるとこちらが手続きしなくても解約されているというところです。

オプションの解除忘れで料金を得ようをする悪質なやり方が多いなか、解除手続きをしなくてもいいところは良心的だと思います。


・全額、楽天ポイントで支払いができる。

いちばんのメリットがポイントで支払いできることです。

Softbankを使っていたときは、ヤフーショッピングを利用してポイントを貯めていましたが、スマホの支払に使えないポイントがあるんですよね。楽天市場の場合は、キャンペーンで付与された〇倍というポイントもすべて楽天モバイルの支払に使えます。

楽天ポイントは、楽天市場でのショッピングの他にも楽天ROOMやRakutenPointClub、ポイント運用やコンビニや外食時などでも貯めることができますので、とても貯めやすいポイントですよね。

上手くポイントを貯めれば、毎月のスマホ料金を現金を使わず全額ポイント払いができるところは嬉しいですね。


まとめ

楽天モバイルは、月額料金や端末代金が安く、通信速度に関しても不便に感じるようなことはありませんでした。
キャリアスマホの約1/4の料金で利用できているので、本当にのりかえて良かった!と大満足しています。

キャリアスマホより大幅に節約できて、端末代金が安いので、スマホデビューにもおすすめです。

2台目から3ヶ月間基本料金無料などお得なキャンペーンも行っていますので、こまめにチェックしてみてくださいね!

楽天モバイルは、家計にとってもやさしいスマホでした★

スポンサーリンク

スポンサーリンク